サボテンに日光は必須!?日光なしの育て方とは?

2019年10月23日

※この記事では広告を表示しています。

サボテンと日光

サボテンの仲間で日光のいらない種類はある?

サボテンの日光なし(室内)での育て方は?

サボテンの日光不足の症状とは?

サボテンに日光浴は必要?

サボテンの日光の代わりになるものは?

こんなサボテンと日光の関係についてご紹介いたします。

サボテンの仲間で日光のいらない種類はある?

サボテンは一般的に乾燥した環境や強い日差しの下で生息する植物であり、光合成を行うためには日光が必要です。

しかし、日光が十分に当たらない室内での栽培にも適したサボテンの種類があります。

室内栽培でおすすめのサボテンはクリスマスカクタスとも呼ばれるシャコバサボテンです。

シャコバサボテンは名前の通り、クリスマスシーズンに花を咲かせることが特徴です。

耐陰性があり、部屋の明るい場所で育てることができます。

また、比較的大型の花が咲くため、インテリアとしても人気があります。

風通しの良い場所で、水はけのよい土壌で管理すれば、室内でも健康的に育つことができます。

他にも室内で育てることができるサボテンはいくつかありますが、どの種類も光が必要な植物であることには変わりありません。

部屋の明るい場所に置き、定期的に水やりを行い、肥料を与えることで、健康的に育てることができます。

サボテンの日光なし(室内)での育て方

サボテンは、日光の当たる乾燥した場所で育てることが一般的ですが、室内でも育てることができます。

ただし、室内での栽培は日光不足になりやすいため注意が必要です。

まずはサボテンを置く場所を選びましょう。

サボテンは、直射日光が当たる場所や、風通しの悪い場所は避け、部屋の明るい場所に置くことが理想的です。

次に、水やりについてです。

サボテンは、乾燥に強い植物ですが、完全に乾燥させてしまうと生育が悪化することがあります。

一般的には、春から秋にかけては週に1回程度、冬場は10日に1回程度の間隔で水やりを行います。

ただし、室内の温度や湿度によって、水やりの頻度は異なるため、サボテンの根元がカラカラになる前に、軽く水を与えるようにしましょう。

また、肥料についても注意が必要です。

サボテンは生育期には窒素を多く含む肥料を与えますが、冬場などの成長が緩やかな時期は与えないようにしましょう。

最後に、サボテンを選ぶ際には部屋の広さや照明環境に合わせた種類を選ぶようにしましょう。

また、サボテンの種類によっては、トゲが鋭いものや、大きくなるものもあるため注意が必要です。

以上のように、日光の当たらない室内でもサボテンを健康的に育てることができます。

適切な環境で育てることで美しい花を咲かせるサボテンを楽しむことができます。

サボテンの日光不足の症状とは?

サボテンは日光が不足すると成長が悪くなり、色々な症状を見せるようになります。

日光不足の症状には以下のようなものがあります。

  • 色が薄くなる
  • 成長が遅くなる
  • 葉が柔らかくなる
  • 葉が落ちる
  • 花が咲かない

色が薄くなる

サボテンは日光が十分に当たることで濃い緑色になります。

よって日光不足の場合、色合いが薄くなってしまいます。

成長が遅くなる

日光が不足するとサボテンの成長が遅くなります。

また、葉が小さくなってしまうこともあります。

葉が柔らかくなる

日光が不足するとサボテンの葉が柔らかくなってしまいます。

柔らかくなると葉が傷つきやすくなり、病気や害虫に感染しやすくなります。

葉が落ちる

日光不足が長期間続くと、サボテンの葉が落ちてしまうことがあります。

葉が落ちると、水分や栄養分の吸収量が減少し、根本的な健康状態が悪化します。

花が咲かない

サボテンは、日光が十分に当たることで花を咲かせます。

よって日光不足が長期間続くと花が咲かなくなってしまいます。

これらの症状が現れた場合は、早めに対処することが重要です。

日光不足を解消し、適切な環境で育てることでサボテンを健康的に育てることができます。

サボテンに日光浴は必要?

サボテンは、乾燥した環境や強い日差しの下で生息する植物であり、光合成を行うためには日光が必要です。

そのため、サボテンにとって日光浴は必要です。

日光浴によって、サボテンは光合成を行い、健康的に成長することができます。

また、日光浴によって、サボテンは光の周期に同調し、自然な成長を促進することができます。

日光浴をする場合は、夏場の午前中や、日が傾いた夕方に行うのが適しています。

直射日光の強い時間帯に行うと、サボテンが葉焼けを起こすことがありますので注意が必要です。

また、日光浴の時間や頻度については、サボテンの種類や季節によって異なります。

一般的には、最低でも週に1回30分程度の時間を目安に日光浴を行います。

あくまでも最低条件での日光浴ですので、できることなら頻繁に行ってあげたほうがようでしょう。

ただし、真夏など日光浴によってサボテンが葉焼けを起こしてしまう場合は日光浴を控える必要があります。

また、日光不足の環境で育てる場合には、日光浴の代わりに照明器具を使って光を補うことができます。

以上のように、サボテンにとって日光浴は必要ですが、適切な時間帯や頻度、方法を選ぶことが重要です。

サボテンの日光の代わりになるものは?

サボテンは、強い日差しの下で生息する植物であり日光が必要です。

しかし、室内でサボテンを育てる場合、日光が不足することがあります。

日光が不足すると、サボテンの健康状態が悪化し、病気や害虫に感染しやすくなります。

そこで、日光の代わりになるものをご紹介いたします。

LEDライト

サボテンは日光に含まれる赤色光や青色光を必要としています。

LEDライトは、サボテンが必要とする光を放出するため、日光の代わりに使用することができます。

また、LEDライトは、消費電力が少なく、発熱も少ないため、室内でサボテンを育てる場合には適しています。

近年では植物育成ライトなども色々なものが販売されています。

蛍光灯

蛍光灯は、光のスペクトルが広く、日光に含まれる赤色光や青色光を放出するため、サボテンの育成に適しています。

蛍光灯は、LEDライトよりも安価であるため、手軽に導入することができます。

ただ、LED照明よりも消費電力が高い分多少電気代がかかるデメリットなどがあります。

以上のように照明器具を設置することで日光の代わりにしてサボテンを育てることもできます。

サボテンに適した光源を選び、適切な環境で育てることが大切です。

また、日光不足の場合には、光源の光量を調整することができます。

光量が少ない場合は光源を近づけることで光量を増やし、光量が多い場合は光源を遠ざけることで光量を調整することができます。

また、光の周期に合わせて、光の点灯時間を調整することも重要です。

一般的には、昼間に約12時間、光を当てるようにします。

照明器具にプログラムタイマーを設置することで点灯時間の管理も自動で行うことができます。

サボテンと日光まとめ

  • 室内でのサボテンの育て方では、風通しの良い明るい場所に置き、定期的に水やりと肥料を与えることが重要。
  • 室内で育てる際には、窓際がベストであるが、直射日光が当たる場所や窓の直下に置くことは避けるべき。
  • サボテンは乾燥に強いが、完全に乾燥させると生育が悪化するため、軽く水を与えることが重要。
  • サボテンの種類によってはトゲが鋭いものや、大きくなるものがあるため、適切な種類を選ぶことが重要。
  • 日光不足になると、サボテンの健康状態が悪化し、葉が薄くなったり、成長が遅くなったりするなどの症状が現れる。
  • 日光不足が長期間続くと、サボテンの根本的な健康状態が悪化し、葉が落ちたり、花が咲かなくなったりすることがある。
  • サボテンにとって日光浴は必要であり、適切な時間帯や頻度、方法を選ぶことが重要。
  • 日光浴によって、サボテンは光合成を行い、健康的に成長することができる。
  • 日光浴によって、サボテンは光の周期に同調し、自然な成長を促進することができる。
  • 室内では植物育成用の照明器具を使うことでサボテンを育てることができる。

今回はサボテンと日光の関係についてご紹介しました。皆様のサボテン育成の参考にしていただけると幸いです。

-サボテンの育て方