サボテンがひょろひょろと徒長する原因と直し方とは?

※この記事では広告を表示しています。

サボテンがひょろひょろと徒長する原因と直し方

サボテンがひょろひょろする徒長とは?原因は?

サボテンの徒長はそのままでも大丈夫?

サボテンの徒長は切り戻ししていい?

サボテンの徒長の直し方とは?

こんなサボテンの徒長に関する疑問についてご紹介いたします。

サボテンがひょろひょろする徒長とは?原因は?

サボテンが徒長し、本来の姿からひょろひょろと細長く伸びてしまう現象は、適切な環境条件から逸脱したときに見られる姿です。

サボテンの徒長の主な原因には

  • 日光不足
  • 水やり過多
  • 肥料過多

などが挙げられます。

これらの条件はサボテンが自然界で好む、乾燥して日照りの多い環境とは異なる条件であるため、徒長のような不適切な成長を引き起こしてしまうのです。

日光が不足すると、サボテンに限らず植物は光を求めて細長く成長します。

特に冬など日照時間が短い時期や、日当たりの悪い場所で育てられている場合に徒長しやすい傾向があります。

水やり過多は、サボテンが過剰な水分を吸収し細胞が膨張することで徒長を促します。

乾燥に適応した植物であるサボテンは、水は少なめに与えることが理想的です。

肥料過多もまた、サボテンの徒長を引き起こす一因です。

サボテンは栄養を多く必要としないため、肥料を控えめに育てるのがコツです。

これらの問題に対処するためには、まず日当たりの良い場所でサボテンを育てることが基本です。

十分な日光を受けることで、徒長を防ぎながら健康的な成長を促します。

水やりは、土が完全に乾燥してからたっぷりと行うことで、過剰な水分供給を避けることができます。

肥料に関しても、少なめにしてサボテンが自然な成長を遂げられるようにしましょう。

サボテンの徒長はそのままでも大丈夫?

サボテンが徒長すると、見た目の悪化だけでなく、様々な弊害が生じます。

徒長したサボテンは本来の姿とは違い、細長く伸びすぎた形状をしています。

さらに、徒長によって膨張した細胞構造が病害虫の侵入を容易にし、病気のリスクが高まることもあります。

予防策としては、サボテンの種類に応じた適切な環境を提供することが大切です。

日光が豊富で風通しの良い場所を選び、サボテンが過剰な水分や栄養に晒されないように注意しましょう。

また、鉢のサイズも重要で、大きすぎる鉢は根腐れや徒長の原因となるため、サボテンの大きさに適したものを選びましょう。

徒長はサボテンの健康にとって好ましくない状態です。適切な環境のもとで、日光、水やり、肥料の管理を行うことで、サボテンを健康的に保つことが可能です。

サボテンの徒長は切り戻ししていい?

サボテンが徒長してしまった場合には、切り戻しによって対処する方法もあります。

この方法は、サボテンの見た目を改善し、バランスを取り戻すために有効な手法と言えます。

切り戻しを行う適切な時期は、春から秋にかけての成長期です。

この期間はサボテンが活発に成長するため、切り戻し後の回復が期待できます。

冬はサボテンが休眠期に入るため、この時期の切り戻しは避けるべきです。

切り戻しの方法としては、次の手順に従います。

まず、よく切れるナイフを用いて、徒長した部分を切り取ります。

切り取った後の切り口は、乾燥させてから新しい土に植え替えることようにしましょう。

水やりに関しては、控えめに行い、サボテンを日当たりの良い場所で管理します。

切り戻しを行う際の注意点としては、切り戻しすぎるとサボテンが弱ってしまう可能性がありますので、過度に切り戻しすぎないようにすることが挙げられます。

また、切り口から雑菌が侵入するリスクを避けるため、乾燥させた後に植え替えることが大切です。

切り戻したサボテンは一時的に弱っているため、水やりや肥料を適切に管理することが必要です。

サボテンの徒長の直し方とは?

サボテンが徒長してしまうと、見た目もあまり良くないため徒長を直したいと考えることは多いものですが、一度徒長してしまったサボテンを元の姿に戻すことはできません。

よって先にもご紹介しましたように切り戻しで対応するか、そのまま育てて新しい芽が出るのを待つしかありません。

このような理由からサボテンの徒長は、徒長を予防することが重要です。

サボテンごとに最適な場所と育て方をしっかりと理解し、日々の管理を行うようにしましょう。

さらにプログラムタイマーで自動点灯管理を行うと毎日決まった時間に自動点灯と消灯をしてくれるため、日々の管理が必要なくなります。

サボテンの徒長まとめ

  • サボテンが徒長し、本来の姿からひょろひょろと細長く伸びてしまう現象は、適切な環境条件から逸脱したときに見られる姿
  • サボテンの徒長は、日照不足、水の与えすぎ、肥料の与えすぎなどによって起こることがある。
  • サボテンが徒長してしまったら元の姿に戻すことはできないので、切り戻しを行うか、新芽の展開を待つしかない。

今回はサボテンの徒長に関する疑問についてご紹介しました。皆様のサボテン育成の参考にしていただけると幸いです。

よく読まれている記事

しぼんだサボテン 1

出典:@okatntnmen サボテンを育てていたら急にサボテンがしぼんでしまった。茶色く変色してしわしわになってしまった。 こんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。 サボテンの種類によって形 ...

サボテンの植え替えを失敗する原因 2

サボテンの植え替えを失敗する原因は? サボテンの植え替え後にグラグラするのは植え替え失敗? サボテンの植え替え後に水やりをしてしまったら サボテンの植え替えを失敗しない方法とは? こんなサボテンの植え ...

サボテンと日光 3

サボテンの仲間で日光のいらない種類はある? 普通のサボテンは直射日光で日光浴をさせないと育たない? サボテンは窓越しの日光でも育つ? 日が当たらない室内でサボテンを育てる事はできる? サボテンを育てる ...

サボテンの植替え 4

サボテンの植え替え方法 サボテンは非常に生長がゆっくりな植物ですが、それでも鉢植えで育てている以上、必ず定期的に植え替えをしなければなりません。 鉢植えの植物は長く植え替えをしないでおくと、鉢内に根が ...

サボテンにつく害虫の種類とは? 5

サボテンに害虫はつく? サボテンの害虫は室内でも発生する? サボテンの害虫駆除方法とは? サボテンに使っても大丈夫な害虫スプレーは? こんなサボテンの害虫に関する疑問についてご紹介いたします。 サボテ ...

ミニサボテンの水やり頻度や量はどのくらいがいい? 6

ミニサボテンの水やり頻度はどのくらいがいい? ミニサボテンの水やりの量は? ミニサボテンの水やりは霧吹きで大丈夫? こんなミニサボテンの水やりに関する疑問についてご紹介いたします。 ミニサボテンの水や ...

サボテンの水やりは頭からかけても大丈夫? 7

サボテンの水やりに最適な時間帯とは? サボテンの水やりは頭からかけても大丈夫? サボテンの水やりは何日に一回くらい? サボテンの水やりは夏と冬で頻度を変える? こんなサボテンの水やりに関する疑問につい ...

サボテンの芽が出ない理由とは? 8

サボテンの芽が出ない理由とは? サボテンの芽が出るまでにはどのくらいかかる? サボテンの芽が出たらどうする? サボテンの芽が赤い?白い?大丈夫? サボテンの芽の植え替え時期や方法は? こんなサボテンの ...

-サボテンが枯れる・病気